※記事は更新日時の新しい順に表示されます

あけましておめでとうございます

2017年 酉年
a6000 SELP1650 @沖縄/ビオスの丘

年始に干支の写真が撮れたので、写真差し替え。


ひゃくまんさん @金沢駅
a6000 SELP1650 @金沢駅
なんとなくおめでたい感じってことで、ひゃくまんさん。

 --- 素敵な一年になりますように ---

メンテナンス中

過去記事・画像メンテナンス中につき、更新が滞っています。

まぁ、10年も経つと過去記事の整理とかしたほうがいいのかな~とか、このデザインも飽きてきたな~なんて思うわけですよ。極端な話、リンク切れが多発・記載情報が古い「そんなにアクセスもない個人のBLOG」ってどこまで残しておくべきなのか?っていうところです。

記事を整理するにしても時間が掛かるし手間もかかる。
だったら削除?
でも10年間をばっさり消してしまうのはちょっと寂しい。

とりあえず、有益な情報のない過去記事の削除・古い画像などの整理から少しづつはじめます。

エコキュート、リコール出ました

ご自宅のエコキュート、大丈夫ですか?対象機種は<無償修理>となるようですので、お早めにご確認を…。

ナショナル、パナソニック 家庭用ヒートポンプ給湯機(エコキュート)無料点検・部品交換のお知らせ
 ※対象:2003年11月から2013年1月までに製造した199機種

コロナ、ユーリッチ家庭用ヒートポンプ給湯機(エコキュート)無料点検・部品交換のお知らせ
 ※対象:2005年11月~2008年8月に製造した9機種17品番
 ※リンク先、PDF形式ファイル


時々新聞の片隅にリコール情報が出ていたりしますよね。あの小さい告知、毎回ちゃんと読んでますか?

我家も、7年も前に購入した電球がリコールとなったので、つい先日返品に行ってきたばかりなのですが、リコールの新聞告知やネット上でのニュースを目にした時に、我家のあれはもしかして…?と思ったら必ず確認してみる事をお勧めします。

リコールプラス

私は上記サイトを時々見てるのですが、結構いろんなリコールが出ているものですね。あ、これ昔使ってた家電製品(今はもう処分してしまった)だ。今頃リコールなんだ…というものもあれば、食品なんて『今更言われても、もう食べちゃったよ!』って人もいるんじゃないの?なんてリコールもあったり様々です。

リコール情報って意識しないと入ってこない情報ですが、確認を怠ると『損』をするのは自分なので、最近の家電製品購入時のお客様登録などはするようにしています。(登録しておくと、リコールなどの場合はメーカーから連絡が来る)

最悪<発火>なんて事もあるので、気になる方はご確認を。

重箱

ここ数年購入を悩んでいる重箱。お値段もピンキリ・デザインも色々あるのですが、見れば見るほど悩んでしまって結局買えません。おせち料理もちゃんと作るわけじゃないしねぇ…。(毎年自分達の好きな料理とお雑煮で適当にお正月を迎えてしまっています…)

妹の家は数年前に DEAN & DELUCA の白い三段重を購入しているのですが、運動会やお正月などやっぱり雰囲気出ますね。今年は我家も重箱買おうかな。


大きさは各ご家庭の人数にもよるので一概には言えませんが、3段なら6寸(縦横:約18cm)~7寸(縦横:約21cm)あたりが一般的?(間の6.5寸ってのもあります)。あんまり大き過ぎても、品数作って詰めるのも大変・嵩張るからしまっておくのも大変。って事になっちゃいますからね。少々小ぶり位が今どきらしいです。

色も好みがありますが、定番は漆器本来の色である黒・朱の2色。他に塗りの技法で、溜[ため]塗り・根来[ねごろ]塗り・曙[あけぼの]塗りなどがあり、塗りの違いで雰囲気もずいぶん変わってきます。漆器は奥深いですね。

漆塗りの豆知識 井助商店より
山久漆工株式会社>漆器を知る>漆のトリビア
 購入前に読んでみると参考になります

最近はウレタン塗装タイプも含めて広く<漆器・漆器風商品>として作られているようで、シンプルな白いお重が人気のようです。外側と内側の色が違うものもあるので購入まえにご確認を。

付属品として気になるのは仕切りや各段のプラの蓋(完全に汁漏れが防げるほど密閉性は高くないみたいですけど、ないよりはあったほうが良いかも)。重箱と一緒に仕切りなども購入したい場合は、商品に付属しているのか、別売なのかチェックしなくちゃいけませんね。十字や3×3段の市松の仕切りとかあると詰めやすそうです。あと、あると便利なのは風呂敷。お重の持ち運び用に。

お値段はピンキリですね。3段・重箱 @楽天市場 で検索してみても、安いものだと1,000円台から(業務用のワンウェイとあります)。100円ショップにも漆器風のお重(6寸3段:525円@ダイソー)がありましたが、1,000円台だと厚みがなく軽いようです(記載重量、外寸・内寸などから推測)。

検索した感じでは、売れ筋は4,000円前後~6,000円前後の価格帯。個人的にも、本物の漆器じゃないのなら予算上限:5,000円位ですね。

予算:10,000円前後までOKなら、環境本舗 卯るし庵 <ショップ評価:4.57> には手頃な価格の天然漆塗りのお重が多いように感じます。(このお店の商品も過去に検討していたような気が…) ピッカピカ・艶々の古典的な漆のお重ではないので、カジュアルにも使いやすそう。



少々予算を足していくと、外側は漆塗りで内側がウレタン塗装なんていうタイプのお重もあります。素材や塗装の項目をよく見て、用途にあった買い物を。(それぞれメリット・デメリットがあります)10,000円あたりからは漆塗と樹脂・ウレタン塗装が混在しているのでご注意を!基本、本漆は万単位で良いおねだんします。

-- 三段重 春慶 5.5寸 木製(国産)・漆塗!色が素敵
-- 三段重箱 ブラック マット仕上げ 外:漆塗、内:ウレタン塗装
-- 6.5寸 胴張 三段重箱 溜渕金 樹脂・ウレタン、金縁がシンプル

漆器風じゃなくて少し変わったものをお探しの方には、白木や竹、ウォールナット(くるみ)、チェリー(桜)などのお重もあります。ちょっとお高いですが、和洋どちらにも使えそうですね。

 

 

…って考え始めると う~ん、どうしようかな。と振り出しに戻ってしまい、いつまでも購入に踏ん切りがつかないのでありました(苦笑)


--- 参考リンク 

重箱 Japancraft.jp より
おせち料理.COM

年賀状の準備 2014

今年こそ余裕を持って年賀状を作る。クリスマスまでに投函するぞ。と思っているのに、なんでか毎年ギリギリになってしまっている私。

こんなことじゃいけない。使う写真選んで、素材探して、インクも予備を購入した。ヨシ、今年は頑張るよ~!

私がここ数年使っているのは、郵便年賀.JP のはがきデザインキット。無料ソフトのわりに提供されているテンプレートも色々あるし、有料のソフトを使わなくても十分間に合っています。気に入ったテンプレートがなかったら、他のサイトからダウンロードしてきたものを画像加工ソフト(私はGIMPを使用)でいじったものを画像挿入で使うことも可能。

まぁ強いて改善希望を言えば、宛名書きのフォントをもう少し増やして欲しいかな。2014年版で2種類しか選べません(AR明朝体U・AR楷書体M)とは言え、大きな問題でもないので使い続けています。(新たに探すのがメンドクサイというものあるけど、時間があれば、来年用に宛名書きソフトで良さそうなものを検索してみようかと思案中)

近年、オンラインで年賀状ハガキも購入(上記 郵便年賀.JP にて、5枚以上で送料無料)できるので、便利になりましたね。素材加工が終わったらハガキ買わなくちゃ。

素材探しはこちらも参考にどうぞ~。

-- キヤノン 年賀状作成おたすけサイト
-- エプソン 年賀状特集2014
-- BIGLOBE 年賀状特集 2014 特集トップ
-- Yahoo! JAPAN 年賀状

-- Amazon 2014 年賀状ストア


<追記> スマホからPC(パソコン)へ画像を移動する

デジカメで撮影した画像とは縦横の比率が違いますが、これを使いたい!と思う画像があったら、パソコンへ移動して加工する必要がありますよね。(アプリを使ってスマホ内でオンライン作成・印刷注文する場合は、以下スルーしてくださいませ)

数枚ならスマホからGoogle+などのオンラインストレージにUPするというもの1つの手なのですが、数多くの画像をバックアップも兼ねてPC(パソコン)に移動するには時間と手間がかかります。

無線・有線、いくつかの方法がありますが、私はマイクロUSBケーブルを使ってスマホとPCを繋いで画像をコピーしました。PCにスマホを外部ストレージとして認識させるわけですね。(マイクロUSBケーブルは通信用もしくは、充電・通信兼用でないと認識されないみたいです)これが1番手っ取り早いかと。

スマホ内を除くと色々なフォルダが出てきますが、その中で『DICM』とか『Camera』というフォルダあたりに画像が入っています。※お使いの機種などによって違ってくるので探してみてくださいませ。

@Flickr

www.flickr.com
kika@flickr's items Go to kika@flickr's photostream

PR

みんぽす