スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

IH適用鍋とSGマーク

先日IHクッキングヒーターについての色々な情報を集めていた中で、ふと気になる一文を見つけました。

これからご購入される場合は、メーカーの推奨品やSGマークのついた鍋をお薦めします。
今使っている鍋やフライパンは、高価なブランド鍋でもなくホームセンター等で安く売っている物ばかり。IHで使えなくても、買い換えればいいやという程度。仮にオールメタル対応のIHでもうまく使えな鍋もあるので、その辺りはあまり気にしていないのですが、SGマークって何?

SGマークとは何ですか? 他よくある質問

SG(エスジー)はSafety Goods(安全な製品)の略号。

このSGマークが表示された製品に万が一、欠陥があり、その欠陥によりけがなどの人身事故が起きた場合には賠償措置を実施します。(ただし、事故が明らかに消費者側の一方的な過失もしくは誤使用に基づくような場合は除きます。)
このマークがあれば100%安全というわけでもないようですが、それなりの基準をクリアしている製品という事です。

で、どうしてIH鍋にSGマークが必要なのか?
SGマークが無いもので、IH調理器にも使用できますと表示している鍋やフライパンでは高火力が得られなかったり、鍋底が変形することがあります。鍋底が変形したものを使いますと、IH調理器の安全装置が動作せず、鍋底が赤熱したり、その状態に油を注ぐと発火するなどの事故の原因となることがあります。
という事で、IHにはSGマーク付きの鍋が推奨されているのですね。

「せっかく買い換えたのに」とならないように、SGマークを確認してから買わなくてはいけませんね。

-- 関連リンク

調理中に火災が発生した電磁調理器 NCAC より
IHクッキングヒーターの安全性 国民生活センター より
 ※全文はPDF形式ファイル(Adobe Readerが必要)
 ↑全文はちょっと長いですが、IHも100%安全ではないという
  テスト内容です。IHを使う前に一度は読んでみてください。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックurlはこちら
http://relaxjapan.blog2.fc2.com/tb.php/134-241b8ec3

なお、本エントリーとあまり関係の無い内容と思われるトラックバックは管理人の判断にて予告なく削除させていただく場合があります

@Flickr

www.flickr.com
kika@flickr's items Go to kika@flickr's photostream

PR

みんぽす

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。