スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

我家の照明プラン その2

我家は予算の都合もあり、通常の天井高(2400)にしたので埋め込み式でスッキリのダウンライトが大活躍しています。リビング・ダイニング、書斎、主寝室、洗面所、廊下やトイレなど、替用のミニクリプトン球は多めに買い置きしておかねば…といった状態です。

いずれこの大量のダウンライトが電気代に及ぼす影響などみじんも考えずに決めてしまいました。注意したのはダウンライトの設置位置(壁からの距離とか、照明同士の距離など)くらい。

■主要ダウンライト KOIZUMI ADE-550-111 60W
■斜天井ダウンライト(トイレ) KOIZUMI ADE-550-326 60W
■書斎ダウンライト KOIZUMI ADN-550-321 22W 電球形蛍光ランプ

基本的にダウンライトについては東急ホームで使える型(高気密 SGIマーク 埋込穴125φ)が決まっていたので、あまり迷う余地はありませんでした。 

その中で一部、書斎だけ悩みました。

sekkou051025-03.jpg
場所:書斎 写真はクロス貼り前の状態
※母屋下りのため、照明は斜天井対応

ここはPCルームと決めていたので最初は蛍光灯でしたが、カタログを色々見ていく中で、蛍光ランプのダウンライトがあるの知り、ダウンライトに変更。

でも、斜天井・蛍光ランプのダウンライトで東急で使える型がなく、インテリアコーディネーターさんに相談。最終的にはここだけ150φのダウンラウトでもOKという事でこの照明に決定しました。

再考のきっかけは、通りに面している正面の窓からもれる明かりの色を想像して、2階の窓でここだけ違うのはちょっと…と思った事と、この部分は母屋下がりの関係で天井が斜めに下がっているので、照明の出幅が気になるかもしれないと思った事。

この変更で多少コストUPしてしまいますが、照明からの熱でこの部屋の室温が上がってしまうのを防ぐようにしました。PCからも熱気が出てきますからね。これは夏場にその成果が実感できると思います。

■キッチン全般 KOIZUMI AHN-530-048 蛍光灯40W
■キッチン手元 オーデリック OB-055-212 50W

キッチンは作業面を考慮して蛍光灯に。吊戸なしのセミオープンキッチンなのでシンク前はそんなに気になりませんが、IH前に立ったときにキッチン全般照明を背負う事になるので手元が暗くなるかな?と壁付けの補助照明を1つ付けました。

実際に使ってみると、換気扇にも照明がついているので機能的にはちょっと重複してしまいました。補助照明はつけなくても良かったかもしれないという感じです。まぁ老後包丁を使うときにはこの照明も付ければ、より明るくなって指も切らないかもしれません。
(年をとると作業に必要な明るさが変わってきますからね)

■パントリー オーデリック OL-218-036 60W

コストも安くちょっと可愛い感じがするのでどこかで使いたいと思っていた照明。約2畳のパントリーですが、これ1つで十分です。折れ戸と干渉しない様に天井付にしました。

このパントリーは私にとっての必需品!という事で設計段階からずっと欲しいと言っていた部分なのです。パントリーの中には食品のストックの他にも、この家のブレーカーやNEDOの測定器、セコム用のモデム?など色んな機器類がついていますが、これらも全部隠れてしまうので一石二鳥。

■リビング・ダイニングのメイン照明 ※サブ照明はダウンライト

この2箇所のメイン照明については、照明器具は施主支給という事で埋め込みローゼットだけを取り付けてもらいました。そして実はこの2箇所の照明は今も検討中。リビングにはとりあえず旧住まいで使っていたシーリングファンを取り付け、ダイニングは照明無しの状態です。

サブ照明として入れたダウンライトには調光機能(スイッチ部分ON・OFFと、ダイヤルで光の強弱を調節)をつけました。あとはここに家具とコーディネートしてスタンドタイプの照明を2つくらい買い足していく予定でいます。

我家は2階リビングなので、2400の通常天井高に430の折上部分を造りました。大きさとしては設計や全館空調との兼ね合いもあり、1800×2150が限度でしたが、ここにリビングのメイン照明を納めてあります。

kurosu051124-01.jpg
写真:まだ工事中段階のリビング 黒い四角は空調用の穴

light-01.jpg
本当は白い5枚ファン・4灯のシーリングファンが欲しかったのですが、とりあえず手持ちのシ-リングファンを入れました。まぁ別にどこも壊れていないし、ファンが茶色でも思っていたほど悪くありません。少し照度不足かとも思っていましたが、60W×3灯でダウンライト無しでも許容範囲。(本や新聞など字を読むには少し暗い程度)

現状メーカーで出ているファンにはこれだ!と思えるような好みの条件を満たした照明がないので、素敵な照明を見つけるまで、しばらくこれでいきたいと思います。

ダイニングは大きめの多灯照明を1つにするか、小振りな物を3つくらい下げるか迷っています。とりあえず無くても何とかなる場所なので、のんびりショップ巡りをして探している最中です。購入したら改めてご紹介したいと思います。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

配筋検査終わりました。

 何とか雪の被害を受けることなく,初めての検査の日を迎えました。第三者機関の方に初めてお会いして,いろいろお話を聞かせていただきました。これから,後5回現場での立ち会いをお願いしています。kikaさん,私の家もコストとすっきりフラットな天井にしたかったので,照明のほとんどはダウンライトです。ただ,ダウンライトだけで明るさが確保できるのか不安です。kikaさんのお家で何か気になることはないですか?
2006/01/26(木) 02:25 | URL | イップ [ 編集]

>イップさん

雪の影響もなく無事に第一回の現場立会いが終わって良かったですね。まだまだ始まったばかりですから、頑張ってくださいね!

設置照明の個数にもよりますが、ダウンライトだけでも十分な場所もあります。我家の場合、リビングやダイニングなどでは主照明がないと、新聞を読むにはちょっと暗く感じますが、逆に寝室はダウンライトと枕元のスタンド程度でも十分OKです。その部屋の広さと使用目的によって必要な明るさを考えてみると良いですよ。
2006/01/27(金) 12:23 | URL | kika→イップさん [ 編集]

照明計画

リビングとかダイニングは少しく暗いようですね。ブラケットを明るいものにするとかしてみます。
今日は,基礎の立ち上げ部分のコンクリート打設がありました。曇り空ながら,寒くないので条件は良かったのかな?少し小雨も降りましたが,無事終わったようです。今は,毛布?とブルーシートで養生中です。
2006/01/30(月) 20:33 | URL | イップ [ 編集]

>イップさん

本を読むには目が悪くなりそう…といった明るさですが、常に両方(主照明とダウンライト)をつけている事は少なく、どちらか一方の時が多いです。必要な時だけ両方つけて明るくしています。

電気代の事も考えると、一室多灯プランにして必要な時に、必要な場所だけ、必要な明るさが得られるというほうがいいですね。
2006/02/01(水) 13:54 | URL | kika→イップさん [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックurlはこちら
http://relaxjapan.blog2.fc2.com/tb.php/212-08ad64e7

なお、本エントリーとあまり関係の無い内容と思われるトラックバックは管理人の判断にて予告なく削除させていただく場合があります

照明を買ってみた

楽天のポイントがたまっていたので 照明を買ってみた…と言うより、 はやる気持ちを抑えられずに なんか買えないかと楽天を漁っていたら 妄想中の部屋にマッチしそうな照明を発見
2006/01/26 by リノベーション物語 @ 18:35

@Flickr

www.flickr.com
kika@flickr's items Go to kika@flickr's photostream

PR

みんぽす

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。