2006年9月の電気代

対象期間は8月末から9月末までの33日間でした。徐々に全館空調の使用時間も減っていき、キンモクセイの香りがする頃には朝晩は肌寒く感じるほどになりました。

そんな先月の電気代のご報告です。

■18年9月の電気代 合計¥8,954

【契約】 電化上手:6kVA + 低圧電力:2kw (力率90%)
【設備】 エコキュート、IH、食洗器、全館空調、照明他 ※オール電化
【内訳】 電化上手:¥6,135 + 低圧電力:¥2,819

denki-06-09.gif

※2006年:オール電化の新居に対し、2005年:旧住まい分は電気代とガス代を合計しています

denki-06-092.gif

※電化上手+低圧電力:全ての電気使用料金を日数で割っています

検針期間(日数)は毎月同じとは限らないので1日平均を出してみましたが、より分かりやすくなりました。これによると1年を通じて過ごしやすい5月・9月が電気使用量も少ないという結果となりました。来年、低圧電力のブレーカーを落として「基本料金半額作戦」を実行するのであれば、5月・9月が狙い目のようですね。

まだ1年経っていませんが、これまでの電気代のデータや自分達の体験から、我家としては冬をどう快適に過ごすか?が重要なテーマになりそうです。

去年の「新築後初めての冬」は、マンション暮らしの頃と比較すると戸建ての割には暖かいほう(感覚的なものですが)だと思うのですが、全館空調だけでお家の中はどこも暖かい…という状況ではありませんでした。もちろん全館空調の温度設定を20度前後と低く設定していた事も原因の1つではありますが。

暖房器具は全館空調だけと割り切り、もっと高い温度に設定をしたほうが良いのか?サブの暖房器具(ホットカーペットは既に持っていますが、昨年は使いませんでした)を併用していくほうが良いのか?

どちらも多少の電気代UPはあると思いますが、より少ないコストで効果の高い方法を見つけたいと思っています。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

低圧電力のブレーカー

kikaさん、こんばんは。

低圧電力のブレーカーですが、ブレーカーを入れてから空調を使用するまで、半日程度おいてからにするようにと、空調設備屋さんから聞きました。

理由ですが、室外機のコンプレッサーのオイルを温めるためだそうです。オイルが冷えた状態で動かすと、コンプレッサーを痛めるようです。

このあたりの時間加減は、その時の室外機の冷え方にもよるかと思えますので、特に冬にブレーカーを入れる際は、注意が必要そうです。

半日、寒さの我慢するのは、ちょっとつらいですが、仕方ありませんね。

うちは、検針日が分からず、今月はブレーカー落とし損ねました(--;
11/20頃まで我慢出来れば、次回(10/19までに)落とせるのですが、11/20まで空調無しは寒いかなぁ?・・う~ん、悩ましい。。
2006/10/11(水) 01:45 | URL | かず104 [ 編集]

>かず104さん

貴重な情報をありがとうございます!
コンプレッサーを痛めてしまってはいけないですよね。

11月末まで我慢はどうでしょうね…。お住まい近くを管轄の地方気象台のデータなどを参考にされてみるのも良いかもしれません。

我家は昨年の12月に入居しましたが、とりあえず最初の1年間はブレーカーを落とさずに1年使ってデータを取ってみようと考えています。来年以降は今年の「ミルクリークでの各季節の感覚」を参考にして、基本料金半額作戦に出てみようかと思っています。
2006/10/11(水) 20:41 | URL | kika→かず104さん [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックurlはこちら
http://relaxjapan.blog2.fc2.com/tb.php/266-029e24a6

なお、本エントリーとあまり関係の無い内容と思われるトラックバックは管理人の判断にて予告なく削除させていただく場合があります

@Flickr

www.flickr.com
kika@flickr's items Go to kika@flickr's photostream

PR

みんぽす