ケースメントのハンドル調整

我が家でも使われているアンダーセンのケースメント(すべり出し窓といわれる片開きの窓)は室内側のハンドルの回転で窓を開閉させます。でも窓を閉めた時に微妙な位置でハンドルが止まってしまう(窓はちゃんと閉まっているけど、ハンドルが定位置に戻らない)ことはありませんか?

2FT04.jpg
写真:これはトイレの小さなケースメント


我が家はハンドルの位置が微妙にずれている窓がいくつかありました。ひどい窓は180度も向きが違うのです。(これって施工不良?)引渡しの際に「閉める時はあまり力を入れてハンドルを回し過ぎないように」と注意されていたので、無理やり定位置まで閉めることもできずにいました。

もちろん3ヶ月点検の時には気づいていたので、一度は直してもらいましたがまだ納得いきません。日頃から「もうちょっとこっちなんだけどなぁ…」と不満に思っていたのですが、先日自分で調節してみることにしました。

やってみれば意外と簡単でした。ドライバー1本で調節可能です。なんだ、アフターサービスの人に調節してもらうまでもないんじゃない。

窓は力を入れずに自然に閉めた状態でハンドルを止め、上下のレバー(いわゆるクレセント?)を下げておきます。

handoru01.jpg

1:折りたたんであるハンドルを持ち上げると下側にネジがあるのがわかります。これを外して…

handoru02.jpg

2:ハンドルはスポッと抜けるので位置を調節して(※必ずハンドルを折りたたんでみて定位置の確認してみる事)再度ネジ留め。これで完了。

また使っていく中で少しづつずれていってしまうかもしれませんが、その時はまた自分で調節しようと思っています。今まで微妙に定位置にならずに、少しもどしてみたり力を入れてしめたりしていたらぜひご自身で調節を!

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックurlはこちら
http://relaxjapan.blog2.fc2.com/tb.php/269-875fd1b4

なお、本エントリーとあまり関係の無い内容と思われるトラックバックは管理人の判断にて予告なく削除させていただく場合があります

@Flickr

www.flickr.com
kika@flickr's items Go to kika@flickr's photostream

PR

みんぽす