手摺の必要性

新居が出来上がったとき、階段やお風呂の手摺って必要なの?美観をそこねているような気がする…。と思っていました。(特に階段)

でも、妊娠して体が少しづつ重くなり不自由が出てくると「その重要性と必要性」を強く感じるようになりました。やっぱりあったほうが便利!今回は妊娠した事で気がついた事ですが、きっと年齢を重ねていくと、今は不便を感じないこの家にもいろいろ不便な箇所が出てくるのかもしれません。

「妊婦さんの不便」と「お年寄りの不便」はちょっと違うかもしれませんが、今後(といっても数十年先の話?になると思いますが)のリフォームの参考になるように、今のうちに不便と気がついた箇所はメモを残しておくとよいかもしれませんね。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

わかります~

手すり,お腹が大きくなってくるとつけておいてよかった!って思いました。特にお風呂とか。

産後,こういうふうにしておけばよかったなあ,と思うところもいくつかあったので,記事にしたいなあと思ってはいるのですが,なかなか余裕がなくて更新できません^^;
2007/11/27(火) 03:23 | URL | うさこ [ 編集]

>うさこさん

家を建てるときは現状の自分たちでの使い勝手しか想像できなかったから、妊娠して体が重くなって初めて気がついたポイントってありますよね。

あとは赤ちゃんが生まれてくると、ここが危ないとかこうすれば使いやすかったとか、また新しい発見があるのかなぁ。
2007/11/28(水) 11:14 | URL | kika→うさこさん [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックurlはこちら
http://relaxjapan.blog2.fc2.com/tb.php/339-d61f9257

なお、本エントリーとあまり関係の無い内容と思われるトラックバックは管理人の判断にて予告なく削除させていただく場合があります

@Flickr

www.flickr.com
kika@flickr's items Go to kika@flickr's photostream

PR

みんぽす