白いベビーゲート

生後7ヶ月末ごろから息子の「ハイハイもどき」が始まるようになり、毎日少しつづ行動範囲が広くなってきました。少し目を離していると「いつの間にそんな所まで移動したの?」という感じ。

そろそろベビーゲートを買わなくちゃね。

必要な場所はキッチン入り口と、リビング入り口(階段前)の2箇所。パソコンの置いてある場所にもゲートが欲しいけど、ここは保留ってことで。

購入ベビーゲートの必須要素としては

-- シンプルなデザイン(希望カラーはホワイト)
-- つっぱり式のドアタイプ
-- 間口が110cmでも設置可能な物(拡張パネル使用時)
-- オートクローズ機能つき
-- ドアが前後どちらにでも開閉可能
-- 開放機能つき(必要な時は開けっ放しにできる)

この条件で探してコストパフォーマンスの良さそうな ミズタニ A-KIDS の木製パーフェクトゲート のホワイト を2台購入しました。


色々良さそうな商品があったのですが「間口110cmでも設置可能」となると、なかなかないんですよね…。

でもこの ミズタニ A-KIDS の木製パーフェクトゲート は、別売りの拡張サイドパネルを購入すれば、最大118cmまで取付可能なんです!

全体が真っ白なので我家のインテリアとの調和もよく、使い勝手もまずまず。

強いて言えば、キッチンの入り口は料理を運ぶときに両手がふさがっているとドアが開けられないのでちょっと不便ですが、これは我家がこの機能を必須としなかった(この機能を含む商品で気に入ったデザインがなかった)ので仕方ありません。

また、2台購入したので気づいたのですが、商品によって開放機能が甘かったり(開放しているはずなのに閉まってしまう)、オートクローズ時のドアの閉まり具合が若干悪かったり(これは調節次第で何とかなるのかな?)します。

それと、木製といってもゲートの一部のみ(ゲート中央の柵部分だけ)で重厚感はありません。人によってはちゃっちく感じるかも。

でも機能と価格を考えるとこんなものではないでしょうかね。全体的なコストパフォーマンスには満足しています。

白いベビーゲート

だた購入前に注意したいのは、商品のセット内容。

私は価格が1番安かった西松屋(通常5,980円が広告期間で4,980円でした)で購入したのですが、製造販売元のミズタニのサイトにある商品内容と若干違うんです!

なんで??

早速ミズタニに問い合わせたところ、西松屋の商品はオリジナル仕様との事!

◆西松屋仕様=本体+拡張パネルが1枚、グリップステーなし
 木製パーフェクトゲート ホワイトST
 (JANコード:4985404520612)

◆ミズタニ通常=本体+拡張パネルが2枚、グリップステー4個
 木製パーフェクトゲート ホワイトセレクト
 (JANコード:4985404520575)

安いわけだよね。それにしてもわかりづらい~!西松屋店頭のポップにも商品の箱にも何もオリジナル仕様なんて書いてなかったけど、どこかに明記して欲しいな…。私の確認ミスなだけ?

結局、キッチン入り口は購入してきた西松屋オリジナルセット(本体+拡張パネル1枚)でいけるけど、リビングの入り口は無理なので別途拡張パネルを買いました。でもまぁ最終的にベビーゲート2箇所に取り付けトータル費用は、ミズタニの通常セットを2台買うより安く済んだのでOKとしましょう!

ということで、安い!と価格に惹かれて衝動買いせずに、購入前に拡張パネルの枚数とグリップステーの有無のご確認はお忘れなく!(必要ないなら安い西松屋バージョンがオススメ)

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックurlはこちら
http://relaxjapan.blog2.fc2.com/tb.php/410-b51d2763

なお、本エントリーとあまり関係の無い内容と思われるトラックバックは管理人の判断にて予告なく削除させていただく場合があります

@Flickr

www.flickr.com
kika@flickr's items Go to kika@flickr's photostream

PR

みんぽす