ママのおしゃれ

最近の口癖 「着るものがない…」

別に洋服ダンスが空っぽなわけではないのです。息子と外で遊ぶときなんかに着る、汚れてもいいジーンズにTシャツみたいな「普段着」はあるのですが、なんかねぇ…。

どこか「子どもが小さいうちは自分のおしゃれは無理」と諦めている自分がいるような…?このままでいいのか?そろそろ少しづつでも自分の年齢に応じた「おしゃれ」を考えなおしてみる時期なのでは?

そんな中、さらっと立ち読みしたこの本に刺激され、手持ちのワードローブの見直しをしています。

理論派スタイリストが伝授 おしゃれの手抜き理論派スタイリストが伝授 おしゃれの手抜き
大草 直子

講談社 2009-11-25
売り上げランキング : 6313
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

おしゃれに絶対的な間違いはないし、センスが悪ければ、楽しめないようなものでもない。ただ、人生をちょっぴり楽しく、有意義にするためのツール。正しい道具を正しく使う、その助けになる一冊。時間もお金もかけずにあかぬけて見えるためのワザ74。


先日書いた「物を捨てるコツ」とも共通する部分が多く、持っていても着れない(デザイン的に古い、ここ数年着ていない)アイテムはバッサリ捨てて、新しく買うアイテムは慎重に…(笑)

上質なベーシックアイテムに小物類でアクセントを入れて…という方向の大人カジュアル路線で行きたいなぁとは思っています。ミニマムアイテムでいろんな着まわしが効くのが理想。

とはいえ、まだまだ息子はこれからやんちゃになる年齢。「高かったのに…、買ったばかりなのに…(泣)」なんてならないように、ブランドにはこだわらず、予算は抑えめに、上手にお買い物がしたいなと思っています。自分の現実を考えると、今はファッションもコストパフォーマンス重視!(笑)

今年の秋冬から少しづつ実践する前に、もう一度じっくり読みたい!と図書館で貸出予約を入れましたが、まぁこの人数だと年内には読めそうもありません。う~ん。中古本を買ったほうがいいかも。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックurlはこちら
http://relaxjapan.blog2.fc2.com/tb.php/530-0d19b47f

なお、本エントリーとあまり関係の無い内容と思われるトラックバックは管理人の判断にて予告なく削除させていただく場合があります

@Flickr

www.flickr.com
kika@flickr's items Go to kika@flickr's photostream

PR

みんぽす