スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

子連れ沖縄旅行 出発編

2-OKA.jpg
▲おっきいねぇ~ あれにのるの?

沖縄まで2時間半。まだ3歳前なので席はとらずママの膝の上で。息子にとっては「初飛行機」という事でワクワクしている様子でしたが、朝早くに家を出てきたので離陸後しばらくするとあっさり寝てしまいました。周囲に迷惑を掛けることなくママは一安心。

----------

以下、次回のための自分用メモも兼ねて <出発編> をご参考まで…。

【空港・駐車場】
羽田空港 国内線旅客ターミナル駐車場
-- 若干割高。また予約の場合予約料¥500がかかる。メリットは空港直結なので時間的なロス(民間だと送迎になる)も少なく安心な点。少しでも費用を安くしたい場合は民間業者で検討。時間をとるかお金を取るか…。

【手荷物】
ANA お預かり手荷物や機内持ち込み手荷物のご注意点

<預け入れ手荷物>
-- 3辺の長さの合計が203cm以内
-- 1人20kgまで無料 ※~100kgまでの超過分は有料
-- ベビーカーは預け入れ荷物扱い(重量カウントなし)

<機内持ち込み手荷物>
-- 3辺の長さの合計が115cm以内(※搭乗機の座席数で異なる)
-- 1人1個(ハンドバッグやカメラなどはカウントせず別途)
-- 1人総重量10kg以内


【その他 機内】
-- 息子(3歳前)は耳を痛がったりしなかったが、離着陸時に飲み物を少しあげたり、ガムや飴(顎を動かすといいらしい)をあげると耳が痛くなりにくいとか。心配な場合は耳栓の用意。離着陸の少し前からしっかり付けておくこと。
メール便OK!飛行機で耳が痛くならない耳栓!イヤープレーン 子供用
サイレンシア・フライト 【耳栓】[気圧対策]

-- 機内トイレに「オムツ交換台」が一応あるにはあるが、はっきり言って「荷物置き棚」状態で、狭いし小さいし設置向きも悪いし(対面する親から見て横に子どもを寝かせる)でとても大変でした。(搭乗前にオムツ交換必須!)

ana_4kodomo.jpg
▲3種の中からチョイス 2011/01:羽田--那覇 ANA123
-- ANAでは行きも帰りも子供におもちゃをくれたので、起きている間はこのおもちゃで。

【現地 沖縄の情報収集など】
沖縄の1年間の気候データ 服装
-- 冬の沖縄でも日中太陽が出てくれば暖かくなるので「調節」できる服装で。カシミアやシルク・コットン混紡などの薄手のストールが1枚あると何かと使えます。アウターは軽くて風を通さないポケッタブルの軽量ダウンなら着ないときには小さくなるので便利。個人的には モンベルのULダウン が高機能ながらお手頃価格でおすすめ。

沖縄ツアーランド 観光ガイド タビンチュネット
沖縄観光チャンネル
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックurlはこちら
http://relaxjapan.blog2.fc2.com/tb.php/547-fba5ca36

なお、本エントリーとあまり関係の無い内容と思われるトラックバックは管理人の判断にて予告なく削除させていただく場合があります

@Flickr

www.flickr.com
kika@flickr's items Go to kika@flickr's photostream

PR

みんぽす

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。