濡れてしまった写真をきれいにしたい

元となる写真や記録メディアの状態などによって異なりますが「一般的な対処法」として紹介されています。

ただし『下記の対処法は、主にフジカラーのお店などでご注文いただいた「銀写真プリント」の場合です。家庭用プリンターでの「インクジェットプリント」や店頭でのセルフプリント機での「昇華型プリント」には対応していません』とのこと。ご参考までに…。

富士フイルム
写真プリントや記録メディアが水などをかぶったときの対処法について
http://fujifilm.jp/information/articlead_0094.html

■ プリントや記録メディアが水や泥をかぶってしまったときの対処法

-- プリントが(泥)水に濡れてしまった。

プリントをきれいなぬるま湯(約30℃)に浸す。しばらく経ってから、プリントの表面を傷つけないように注意しながら洗浄する。※1 洗浄後プリントの端をつまんで、ほこりなどのつかない場所につるして、乾燥させる。※2

※1 指の腹部分などを使用して、温水中でこすると効果的です。
※2 ヘヤ-ドライヤーで乾燥しても構いませんが、弱風乾燥することをお勧めします。

-- プリントがアルバムごと水没(水濡れ)した。

泥水などに濡れているプリントをそのまま放置しておくと、くっついてしまったり、変色したりします。生乾きになっているプリントは、台紙やビニールカバーから無理に剥がさず、次の手順で対応してください。

アルバムの台紙ごと、きれいなぬるま湯(約30℃)に浸ける。しばらく経ってから、プリント表面を傷つけないように注意して洗浄し、プリントを台紙などからゆっくり剥がす。洗浄後、プリントの端をつまんで、ほこりのつかない場所につるして乾燥させる。※3

※3 ヘヤードライヤーで乾燥しても構いませんが、弱風乾燥することをお勧めします。

-- 重ねていたプリントが水没して、くっついてしまった。アルバムの台紙がくっついてしまって開かない。

無理に剥がそうとせず、次の手順で対応してください。プリントや台紙(もしくはアルバム)ごと、1回洗浄する。その後、きれいなぬるま湯(約30℃)に浸ける。しばらく経ってから、プリント表面を傷つけないように注意して洗浄し、プリントを台紙などからゆっくり剥がす。※4 洗浄後、プリントの端をつまんで、ほこりのつかない場所につるして乾燥させる。※5

※4 剥がれない場合は無理に剥さず、もう少しお湯に浸けておき、自然に剥がれるようになるのを待ちます。
※5 ヘヤードライヤーで乾燥しても構いませんが、弱風乾燥することをお勧めします。

-- 記録メディアが泥まみれや水浸しになった。

乾いた布で表面を拭き、デジタルカメラなどで画像が再生できるかどうか確認してください。※6

※6 その際、砂や塵などで金属接点や記録面に傷を付けないように注意してください。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックurlはこちら
http://relaxjapan.blog2.fc2.com/tb.php/560-05a26868

なお、本エントリーとあまり関係の無い内容と思われるトラックバックは管理人の判断にて予告なく削除させていただく場合があります

@Flickr

www.flickr.com
kika@flickr's items Go to kika@flickr's photostream

PR

みんぽす