ドリームページ フォトブック体験:作成編

現在ファミbuzzでモニター中の、大日本印刷の「ドリームページ」のフォトブック作成。そろそろ締め切り間近となりました。

今回のモニター商品は、ポータブル:20Pを1冊。

出来上がったフォトブックは、実家の両親に『孫達の成長記録』として贈りたいと思っているので、見やすいフォトブックにしたいという考えがありました。

でも、出来上がりの冊子自体が小さい(A6縦長サイズ 144×108mm、目安はハガキサイズ)ので、あまり細かいレイアウト枠を使ってしまうと、写真はいっぱい入るけど小さくなってしまいます。

素材としてピックアップした写真がどれも「顔のアップ写真」であればあまり問題無いのかもしれませんが、写真としてのバランス(季節を感じさせる周囲の景色、子供の着ている洋服など『その頃』を思い出させるアイテムなど)もあるので、ある程度割り切る(写真を厳選して1Pにレイアウトする枠数を少なくする)必要が出てきます。

となると、使えそうなレイアウト枠は数種類(元々22種類)。ただ写真を入れこむだけでは単調になってしまう…。特に「子供の写真」のフォトブックとしてはちょっと寂しい感じがします。星型やハート、ポラロイド風などのフレームや、カラフルな背景(ページ背景)などのポップな素材が欲しいですね。

でもないものは仕方ないので、ドドーンと1つ大きなレイアウトを配置して、中の写真を加工してから配置するという手法を使います。これは以前他社フォトブックを作った時も利用したアレンジ方法ですが、もうちょっと…と欲を出したのがいけませんでした。

画像加工ソフト(Photoshop[フォトショップ]など)で写真を素材で飾りつけてから配置。これが結構時間がかかる!素材探しのネット徘徊、久しぶりにいじるソフトで(私はGIMPというフリーソフトを使っています)あーでもない・こーでもないと色々いじっているうちに締め切りが近づいてきてしまいました…(苦笑)

そろそろ注文しなくちゃ。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックurlはこちら
http://relaxjapan.blog2.fc2.com/tb.php/587-42c70758

なお、本エントリーとあまり関係の無い内容と思われるトラックバックは管理人の判断にて予告なく削除させていただく場合があります

@Flickr

www.flickr.com
kika@flickr's items Go to kika@flickr's photostream

PR

みんぽす