安くていい化粧水 アロヴィヴィの青と赤

食品同様、最近は化粧品やシャンプーなんかも裏見て成分チェック!成分見ただけで化粧品の全て(効果の高さ・肌との相性)が分かるわけではありませんが、コストパフォーマンスの良いアイテムを探すうえでは役に立っています。(…と思う)

ご自身で化粧水などを手作りされている方は、この辺りお詳しいのでは?!

化粧品成分情報サイト 美肌マニア
意外と知らない!? 化粧品の成分ラベルの見方

お値段が高いほど効果も高いような気がするコスメ類ですが、探してみれば『安くても結構イイ仕事してくれる!』というアイテムもあるわけです。いわゆる プリプラ・プチプラで優秀なコスメ達。若い子ならともかく、アラフォーにはどうなのよ?と思わなくもないのですが、楽しみながらお手軽コスメをいろいろ試しています。

以前、コスメに関してこんな事をメモっているのですが、
@コスメでリサーチ 安くて評判の良い基礎化粧品 
@コスメでリサーチ 安くて評判の良い基礎化粧品 2

内容が古くなってきたので見なおして見ることにしました。

※人によって肌質も違えば、効果の感じ方も違うと思うので、以下あくまでも個人的感想としてご参考まで。@コスメでのクチコミ、美肌マニアでの成分検索を併用して成分的にもなるべく毒性の強くないものをピックアップいます。(肌質は混合肌かな?どこかできちんと診断してもらったことはありませんが…)

---

まずは安くていい化粧水が欲しい。できれば(今からでも間に合う?!)美白とかアンチエイジングを意識したものがいい。と前回もボヤいていたのでその辺を考慮に入れました。

以前は、防腐剤・香料・着色料無添加のシンプルな化粧水 天使の美肌水しっとり 310ML を何本かリピートしたのですが、防腐剤無添加の為使い切りは2ヶ月以内 = 開封後は見えないカビに要注意!というのがネック。

防腐剤にアレルギーがある訳でもないので、もうちょっと成分的に良さそうなものが入っているといいなぁと目に留まったのがアロヴィヴィの化粧水だったのです。

この大容量・安さでビタミンC誘導体が入ってる!商品のお値段的には気休め程度かもしれないけど、これをベースにして手作りコスメの原材料屋さんでビタミンC誘導体を買って追加してやるっていうのもアリでしょうか?(ちなみに天使の美肌水はビタミンC誘導体と相性の悪い尿素が入っているので追加配合はNGらしいです)



■アロヴィヴィ トリプルローション(青ボトル)
@コスメでのクチコミ
美肌マニアでの全成分表示(成分別の毒素判定)
【全成分】
水、グリセリン、BG、ヒアルロン酸Na、リン酸アスコルビルマグネシウム、加水分解コラーゲン、グリチルリチン酸2K、クエン酸、乳酸、水酸化Na、フェノキシエタノール

<使用感想> トリプルローション(青)★★★☆☆(春使用)

混合肌の私。まずは1本使ってみました。

透明で水のようにさらっとした化粧水。初めは肌がほてるような、少しピリピリとした感じだったので、あれ?これ私には合わないの?と思ったのですが、ネットで調べてみたところ水溶性のビタミンC誘導体がこの刺激の原因?らしい。使い続けるうちにほてり感もピリピリ感も少なくなりましたが、目にもしみるのでリピートは保留。

総合的に使い心地は悪くなく、丁寧に適量をつけてやれば乾燥を感じることもありませんでした。コストパフォーマンスが良いのでローションパックには最適。(お手軽にティッシュでローションパックがオススメ)安い化粧水でもしっかり肌に水分補給をしてあげれば翌日の化粧のノリも違ってきます。

ただし、つけ終わった後の肌の感じを『しっかり潤ってピタピタ吸い付く』と受け取るか『なんだかベタついてさらっとしない』と受け取るかで評価がわかれるかもしれません。個人的には夏はちょっとベタつくように感じるかな?という印象。



■アロヴィヴィ トリプルローションモイスト(赤ボトル)
@コスメでのクチコミ
美肌マニアでの全成分表示(成分別の毒素判定)
【全成分】水、BG、グリセリン、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、パルミチン酸レチノール(ビタミンA)、パンテノール(ビタミンB)、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(ビタミンC)、トコフェロール(ビタミンE)、ピーナッツ油、水添レシチン、ソルビトール、スクワラン、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、トリエチルヘキサノイン、ジフェニルジメチコン、クエン酸、クエン酸Na、グリチルリチン酸2K、フェノキシエタノール

<使用感想> トリプルローションモイスト(赤)★★★☆☆(春使用)

只今使用中。少し白く濁っているさらりとした化粧水。青ボトルでちょっと使い始めにビタミンC誘導体?による刺激があったので、同じビタミンC誘導体でも刺激の少ない油溶性の成分が入った赤ボトルをお試し。こちらは青ボトルの時のようなほてりやピリっとした刺激はなく、目にもしみません。(青ボトルを使い切るうちに肌が慣れちゃったのかも)

商品名には『モイスト』とあるので青ボトルと比べると冬向き?成分的にも モイスト=青より油性分が多め という感じです。使い心地はまずまずですが、朝はぬるま湯洗顔のみ(洗顔フォームを使いません)なのでちょっと重く感じます。夏場は青ボトル以上に使用後のベタつきが気になりそうなので、やはり秋冬(正確には秋冬はまだ未体験なので保湿の過不足感がわかりません)がいいのかなと感じました。

赤ボトルはまだ使い始めたばかりなので第一印象だけですが、使いながら他にも何か良さそうな化粧水をリサーチしていきます。(早急に夏用!)

-- 2012/10月:追記
秋に使ってみた感じではベタつきもさほど気にならずいい感じ。評価★1つUP。個人的にはこれは秋冬用化粧水かな。★★★★☆(秋使用)

<今後使ってみたいいくつかの候補>

■価格的にもお手頃な美白成分入りに着目

アロヴィヴィ プラセンタ&アミノ酸ローション 150ml
肌研白潤薬用美白化粧水(アルブチン)
ちふれ 美白化粧水AR 150ml(アルブチン3%)

■夏用 アロエ・どくだみ系、毛穴引き締め系

アロヴィヴィ トリプルローション ポアケア250ml

※アロエ・どくだみ系の化粧水はドラッグストアでも沢山あるので店頭でチェック。成分的に着色料使用、欲しい成分が防腐剤(フェノキシタールなど)より後に書かれているのは論外。一言にアロエといっても化粧品成分としては沢山あるので、より効果の期待できる成分を含むものを選ぶ。詳細調査中。


なんだか長くなっちゃったので一度区切ります。お次は乳液、美容液(APPS配合タイプあたりで)を探してみます。

---

以下は検索した情報のまとめです。興味のある方だけ続きをどうぞ~

【厚生労働省認可の美白成分9種類】

アルブチン
エラグ酸
カモミラET
t-AMCHA
トラネキサム酸
ビタミンC誘導体
プラセンタエキス
リノール酸
ルシノール

基本を知ろう美白Wiki @コスメ
美白成分とは? スキンケア大学

美白は1日にしてならず、日々の努力を継続する
美白アイテム1点重視使いなら美容液


【ビタミンC誘導体とは】

ビタミンC誘導体 wiki
水溶性:リン酸アスコルビルNa、~Mg、アスコルビンエチル
油溶性:テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
新型:パルミチン酸アスコルビル(APPS)
※新型は低刺激・高浸透だがコスト高
浸透力:水溶性<油溶性(水溶性の3倍)<<<両性(水溶性の100倍)
※アスコルビンエチルは酵素反応を必要としない誘導体。単体で美白効果がでる。

ビタミンC誘導体化粧水の適正濃度は?
ビタミンC誘導体の濃度とは・・・
ビタミンCの美肌効果
イオン導入・導出系美顔器とは?

一般の美白化粧品では1~2%の濃度のものが大半で、ビタミンC誘導体単体での効果はあまり期待できない。かといって高濃度にすれば効果が高くなるという訳でもなく、日常的に使う化粧水としては3%前後の含有量がいいらしい。水溶性:高濃度は刺激・肌の乾燥、油溶性:高濃度はベタつきという逆効果が出てくる。

イオン導入は水溶性のビタミンC誘導体でないと不可。パラベンが入っていないものを使う事。(フェノキシタールはイオン化されないらしい)

個人的に注目なのはアスコルビルエチル(アスコルビル酸エチル)=ビタミンCエチル とか VCエチル と言われているもの。安定性も高く水溶性なので配合されている商品が多そう。

※以上ざっと調べてメモしましたので、誤りがありましたらご指摘いただけると幸いです…


【正しい化粧水のつけ方】

美肌のための正しい化粧水のつけ方
意外と知らない!?化粧水の正しい使い方
保湿のメカニズム スキンケア大学

洗顔後なるべくすぐに!
目安量を2~3回に分けてハンドプレス(暖かい手がよい)
手の平や甲で触れてみて肌にひたひたっと吸い付くような感触になれば終了


【手作りコスメ・材料の購入】

手作りコスメ素材の店「ぴのあ」
手作り化粧品材料 マンデイムーン
ビタミンC誘導体のトゥヴェール

手作りコスメ 手作り化粧品レシピ集「リンガリンガソープ」




この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックurlはこちら
http://relaxjapan.blog2.fc2.com/tb.php/622-2625a58b

なお、本エントリーとあまり関係の無い内容と思われるトラックバックは管理人の判断にて予告なく削除させていただく場合があります

@Flickr

www.flickr.com
kika@flickr's items Go to kika@flickr's photostream

PR

みんぽす