安くていい化粧水 夏用にはどれがいい?

肌がベタベタする夏用の化粧水といえば、きゅっと引き締め、皮脂を抑える!収れん(アストリンゼン)系をイメージしますが、ちょっと調べてみると、基本的にはエタノールが蒸発してス~ッとする『使い心地』が気持ちいいだけで、一時的な引き締めにしかならないとか、肌のタイプによっては余計に乾燥しちゃうとか…。

あ、でもオイリーな人には一時的とはいえ皮脂を抑えることが出きるできるので、一概に一般の化粧水よりアルコールが多く入っているアストリンゼン系が良くないという事でもないみたいです。

-- 化粧水 化粧水の分類と用法など
-- ニキビ肌用化粧品有効成分一覧 化粧品に配合される主な成分の効能
-- 化粧品成分ガイド.WEB 気になった成分を検索

こうやって色々な成分の働きを考えてみると、夏向きの化粧水ってこんな成分が入っていると良さそう。というのが少し見えてきたような気がします。(いっぱいありすぎてまだ把握しきれてないけど…)

で、候補として上がってきたのはこんな化粧水。大きくノンアルコール・アルコール入りとで分けて考えてみましたが、自分の肌との相性などは1度使ってみるしかないですね。

<化粧水:収れん化粧水(アストリンゼン)系>



■明色 無香料アストリンゼン 170ml 定価:735円
@コスメでのクチコミ
美肌マニアでの全成分表示(成分別の毒素判定)
【全成分】 ノンアルコール
水、グリセリン、DPG、ソルビトール、BG、セラミド3、セラミド6Ⅱ、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、セリン、ユーカリ葉エキス、ハマメリス葉エキス、メチルグルセス-10、トレハロース、ベタイン、ペンチレングリコール、プルラン、PEG-60水添ヒマシ油、ラフィノース、クエン酸、クエン酸Na、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル

<使用感想> 無香料アストリンゼン ★★★☆☆(初夏使用)

無香料・無着色・防腐剤フリー・ノンアルコール・オイルフリーという事で気になっていたのですが、なかなかお目にかかれず、先日ようやく購入できたので早速使ってみています。(¥627 @ドラッグストア )

手に出した時はトロミはほとんど感じないさらっと系の化粧水。でも肌につけると『伸びる』というか何というか…。アロヴィヴィの化粧水より馴染みが良い感じがしました。肌への刺激はありません。

使い心地は良好。ベタついているのとはちょっと違う、十分に保湿され吸い付くようなモチモチ肌という感触。これはセラミドのパワーなの?ちょっと今後要チェックの成分です。時間がたってもしっとり感は残るので、人によっては真夏はベタつきを感じるかもしれませんね。

ただ、オイルフリーとあるので夏とはいえ乳液なんかで蓋してあげないとダメですかね…?諸説あるみたいだけど、化粧水だけのつけっぱなしは皮脂過剰分泌に繋がる? 乳液ではなく、美容液で保湿強化というのも有効らしいので、この化粧水後の乳液の要不要・美容液探しとその有効性なんかをちょっと自分の肌で実験してみます。

-- 収れん化粧水の使う順番

え~っ、これ1本じゃいけないんだ。『順番』があるなんて今まで知りませんでした。でも明色の無香料アストリンゼンは保湿成分も結構入ってって、余計な皮脂を取り除くという使い方じゃないような気が…。乳液に後に使うならアルコール入りのタイプとかふきとり化粧水などかな?

<ふき取り化粧水系> 主にアルコールを含むタイプ

ふきとり化粧水系を皮脂ケアとして部分的に併用してみるものいいのかな。とうことでピックアップ。これ1本オンリーでは保湿不足。部分使い用。

-- プラスで美白効果アップ! ふきとり化粧水

ウィッチヘーゼル アストリンジェント 237ml/609円・473ml/1,029円
ハマメリス水、エタノール
@コスメのクチコミ


純米ひきしめ化粧水 130ml 定価:1,029円
水・エタノール・ハマメリス水・メチルグルセス−10・ベタイン・PCA−Na・β−グルカン・コメヌカエキス・イロハモミジ葉エキス・ナイアシンアミド・コメヌカ水・乳酸・オウバクエキス・グリチルリチン酸2K・アミノカプロン酸・トコフェロール・グルコース・メントール・メントキシプロパンジオール・オレンジフラワー水・トウヒ油・グリセリン・BG・ポリソルベート20・PPG−6デシルテトラデセス−30・メチルパラベン
@コスメのクチコミ


<思い浮かぶ、昔ながらの知恵的な化粧水> 上記他の候補

ももの葉(タンニン他)、どくだみ(デカノイルアセトアルデヒド)、アロエ(アロエシン他)、ヘチマ(サポニン他)、ハトムギ(ヨクイニン)…。どれもそれぞれの植物に含まれる抗炎症作用のある成分が、にきびや肌荒れなどに有効という事のようですね。

これからの季節、日焼け後の肌の手入れ、あせもができやすい子供も使えるようなコストパフォーマンスの良い大容量お得アイテムが別途あると全身に気兼ねなく使えていいかな。この辺りはドラッグストアにも沢山の商品があるのであえて候補は上げませんが、プチプラ系は着色料入りが多いので要注意ね。

使用して良さそうならまたレビューを書きたいと思います。

---

といろいろ調べてみたけど、やっぱり毛穴対策もお肌を十分保湿してふっくらさせてというのが基本のよう…。皮脂対策もしかり。美肌は1日にしてならずなのですね。

夏用の化粧水=毛穴・皮脂対策としてアストリンゼン!という思い込みがあったけど、今回検索してみて勉強になりました。

調べれば調べるほど、季節によって異なる「化粧水に求める機能」を考えるとやっぱり手作りコスメって魅力的。成分がシンプルな市販品に欲しい成分をプラスする。そんなところから始めてみようかな。

【手作りコスメ・材料の購入】

手作りコスメ素材の店「ぴのあ」
手作り化粧品材料 マンデイムーン
ビタミンC誘導体のトゥヴェール
自然化粧品研究所
あなたの為の化粧品工房BS-C
手作りコスメ 手作り化粧品レシピ集「リンガリンガソープ」
チューンメーカーズ

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックurlはこちら
http://relaxjapan.blog2.fc2.com/tb.php/628-daa0e5ff

なお、本エントリーとあまり関係の無い内容と思われるトラックバックは管理人の判断にて予告なく削除させていただく場合があります

@Flickr

www.flickr.com
kika@flickr's items Go to kika@flickr's photostream

PR

みんぽす