スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

カシオEXILIM EX-ZR1000 モニター開始

久しぶりにみんぽすさんから、カシオのEXILIM EX-ZR1000 をモニターさせていただいています。



ブランド10周年を迎えた<EXILIM>の最上位モデル「EX-ZR1000」ということで、

-- 起動:0.99秒、AF:0.15秒 でサクサク撮影
-- 180度まで開くチルト液晶
-- 新GUI/コントロールダイヤル
-- ファンクションリング

と、魅力的な機能が盛り沢山!なのですが、実はまだあまり写真を撮っていないので、今回は手にした第一印象的なものを。詳しい仕様などはメーカーサイトでどうぞ:EX-ZR1000

■開封

箱を開けておや?と思ったことがいくつかありました。1:中に入っていた取説は簡易版だった事。まぁ基本操作について一通り説明されているので不便はありませんが、詳しい取説はサイトからダウンロードという事です。これもコスト削減?読まない人もいるでしょうからこれからはこんなスタイルが多くなるのかもしれませんね。

-- EX-ZR1000 PDF取扱説明書ダウンロード

でお次。2:独立型?の充電器はオプション(別売り)だった。カメラごとバッテリーの充電するスタイルなので、予備バッテリーを買う時に充電器も買っておくと不便がないと思います。

CASIO EXILIM EX-ZR1000

CASIO EXILIM EX-ZR1000

■持った感じ

この辺りは個人の好みや手の大きさ等にもよるでしょうが、個人的には片手で持った時の安定感がイマヒトツ。グリップの丸みがフラッシュにかからないようにデザインされているからでしょうか、指のかかりが微妙なのです。撮影時のブレの事も考えると両手持ちでの撮影がオススメ。そして万が一に備えるならストラップ必須と感じました。

■重さ

本体の重さは、約255g(電池およびメモリーカードを含む)とあります。手持ちのデジカメ(リコーCX3)と比べると20g程度しか変わらないはずなのに、何故かずっしり重く感じます。とはいえ、比べれば気になるけどこれ1台を持つ限りでは重いコンデジとは感じないと思います。

■起動・AFの早さ

これはすっごい!起動の素早さは思わずおぉ~と声が出るほどでした。オートフォーカスも早くてノンストレスです。今使っているリコーCX3は起動も遅くてAFも迷うことがあるので、その差はとても大きく感じました。(撮影条件によってはZR1000でもAFが迷うことがありますけどね)

■ボタンなどの配置

以前お借りしたEX-FH100と比べるとかなり改善されていて好感触でした。モードダイヤルやファンクションリングへ、うまく設定できる機能の割り当てができていて、メニュー設定も分かりやすくなっています。取説読むのが嫌いな人が直感的に使って大丈夫!(笑)

■ストラップ

カメラを横にしての両吊り(2点吊り)です。なのでカメラケースなどは横入れのタイプがいいでしょうね。

CASIO EXILIM EX-ZR1000

■180度まで開くチルト液晶

これがチルト液晶。ちなみにビデオカメラのように横開きにはならないのと、液晶は下向きにはなりません。主にローアングル・自分撮り用かな。

---

ざっと第一印象はこんな感じでとても良好でした。


このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックurlはこちら
http://relaxjapan.blog2.fc2.com/tb.php/638-8feae85c

なお、本エントリーとあまり関係の無い内容と思われるトラックバックは管理人の判断にて予告なく削除させていただく場合があります

@Flickr

www.flickr.com
kika@flickr's items Go to kika@flickr's photostream

PR

みんぽす

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。