オキシクリーンで洗濯槽掃除

内容的に、本来なら年末の大掃除前にUP出来ればよかったのですが間に合いませんでした…。でもオキシクリーンで洗濯槽掃除をやってみてすごかったので備忘録として。

臭いもスッキリ!洗濯槽のエコなカビ取り法
縦型全自動洗濯機の洗濯槽掃除

これを読んでいたら我家の洗濯機が気になって、オキシクリーンを使って洗濯槽の掃除をしてみました。(購入1年半の縦型の洗濯機です)

<洗濯槽のカビ取り法> 

1:40~50℃のお風呂の残り湯を洗濯機の最高水位まで入れる
 ※残り湯を追い焚きしてちょっと熱めにしておく

2:洗濯機の容量によって『酸素系漂白剤』を400~500g入れる
 ※お使いの洗濯機の最高水位で実施
 ※漂白剤の量は10Lあたり100gが目安
 ※オキシクリーンは別途お湯に溶かしてから洗濯槽に投入

3:洗濯機の『洗い』のみを5分運転させ、その後1晩放置
 ※水は貯めたまま。排水しないように!

4:翌朝、再度『洗い』を5分運転
 ※浮くタイプのくず取りネットがあれば洗濯機を回す前に投入

5:お風呂のゴミ取りネットで浮いたカビをすくって捨て、排水

6:お風呂の残り湯や水道水など真水で『洗い』~『脱水』
 ※何度か同じ水で 洗う→ゴミ取り を繰り返してもOK

7:最後に洗濯物・洗剤を入れずに真水で通常コース運転で完了


驚愕!恥ずかしくてとても写真には撮れないほどすっごい量の茶色いピロピロが取れました。今までこんな洗濯機で洗濯していたなんて…。

洗濯槽クリーナーとか使ったことがなかった訳じゃないけど、こんなに効果が目に見えたのは初めて。(というか、今まで使っていたのは洗濯槽に穴のないシャープの洗濯機だったこともあるかも…?)

排水前に浮いているピロピロをある程度すくい取るのですが、100円ショップに売っている物でもいいので手持ちの『浴槽のゴミ取りネット』なんかがあったほうが便利です。作業工程:4:翌朝の『洗い』の段階で、浮くタイプのくず取りネットもポイっと入れておくのも作業を少しでも楽にするには効果的。洗濯機付属のゴミ取りネット1つでは限界がありますし、すっきり取れません。

すご過ぎて、いくらすすいでも小さなピロピロが出てくる。いっその事洗濯機を分解して屋外で丸洗い出来ればいいのに…。

そんな訳で、しばらくは目の細かい洗濯ネットに全ての洗濯物を入れていました。(洗濯の回数などにもよりますが、数日もすれば出てこなくなるのでご安心を)

結構な量のオキシクリーン(酸素系漂白剤)を使いますが、ピロピロも取れるし洗濯槽の臭いもすっきりするので超オススメです。まだ新しい洗濯機だし、洗濯後はちゃんと蓋をあけっぱなしにして内部を乾燥させてるし、そんなに出てこないでしょ?なんて油断していましたが、これからは定期的に掃除しよう!と決意も新たにしたのは言うまでもありません。

ちなみに、オキシクリーンは風呂釜の配管掃除にも使えます。我家は配管掃除と同時にジャグジーもスイッチを入れて一緒に掃除をしますが、もう専用クリーナー(洗濯槽クリーナーとか風呂釜用のジャバ)はいらない。オキシクリーンで十分な効果が出ます。

風呂釜の掃除(洗浄)

オキシクリーンは「お湯で溶かしてから使う」のが面倒ですが、きっちりいい仕事してくれます。とはいえ、万能ではないので過度な期待は禁物。どんな汚れでもすっきり落ちるわけではありません。あくまでも酸素系漂白剤ですから得手不得手があります。

過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤) シーン別の使い方など


上記は粉末の酸素系漂白剤でのお掃除方法でしたが、液体の場合はこちらをどうぞ。

洗濯槽の「黒カビぴろぴろワカメ」を撃退する掃除術

---


オキシクリーン、なんとなく買ったもののどう使ったいいの?とお悩みなら、ぜひ洗濯槽・風呂釜のお掃除を!!
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックurlはこちら
http://relaxjapan.blog2.fc2.com/tb.php/647-06bc3404

なお、本エントリーとあまり関係の無い内容と思われるトラックバックは管理人の判断にて予告なく削除させていただく場合があります

@Flickr

www.flickr.com
kika@flickr's items Go to kika@flickr's photostream

PR

みんぽす