スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

グルタジンS ペリセア高配合のすぐれもの

夏のヘアダメージを修復しようと、秋ごろ購入して使っていたアウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)。

初秋のヘアケア 洗い流さないトリートメント その1
初秋のヘアケア 洗い流さないトリートメント その2

以前のエントリーでも購入して使い始めた頃の第一印象を書いていますが、あれから劇的に使用感がUPしたものもなかったので、アウトバストリートメント探しを再開。

ちなみに以前購入したのは以下の4商品。全成分は以前のレビュー記事に記載しているので省略させていただきますね。ダメージが比較的軽い髪向けで、補修もできちゃうブローローション的なポジションのアイテムといった商品ばかりですけど…。

アリミノ シェルパ コンディショニングミスト
ナプラ CPモイスト
ナプラ ケアテクトHB クオルター(ノンシリコン)
ナプラ ナピュア ウォーターエッセンス(ノンシリコン)

それぞれの商品の細かなレビューは過去のエントリーに書いてあるのでそちらをご参照ください。

総合的に髪がふんわり軽く指通りが良くなりましたが「しっとり感」には欠けるので、冬の乾燥シーズン真っ只中にはオイルをプラスしていました。(今乳液替わりに使っている、ホホバオイルベースのブレンドもしくはマカダミアナッツオイルあたりを毛先に)

シャンプーやトリートメントに含まれる髪の補修成分ウンヌン…なんて全然意識していなかった頃に比べれば、少しは髪の艶も出てまとまりやすくなったけど、もうちょっと『しっとり・サラサラな感じ』が欲しいなぁ…。ノンシリコンじゃ限界があるかな?

今回はメドウラクトン VE(表示名:メドウフォームδラクトン)、ペリセア(表示名:ジラウロイルグルタミン酸リシンNa)など、以前から気になってチェックしていた成分が入っている商品を探してみました。

そして購入したのは以下の2品。いずれもノンシリコンです。

アラフォー、白髪染め2~3ヶ月に一度、パーマなし、うねりがあり艶が出にくい、太さは普通、量多め、髪のダメージはそんなにひどくないはず…?パサつき改善・まとまりやすく艶のあるさらっとした髪にしたい。そんな私が使ってみてのレビューですのでご参考まで。

---

■イリヤ アミノエナジー グルタジンS メーカーサイト

水、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、キトサンサクシナミド、リン脂質、スフィンゴ脂質、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、トコフェノール、ヒアルロン酸Na、グリシン、グルタミン酸Na、アルギニン、ゼニアオイエキス、クララエキス、ローズマリーエキス、白樺樹皮エキス、カミツレエキス、PCA-Na、BG、PG、ヒドロキシエチルセルロース、PEG-60水添ヒマシ油、カプリリルグリコール、フェノキシエタノール、メチルパラベン



*50ml/750円前後~ 15円/ml 取り扱い店が少ない
*1000ml/3,000円前後~ 3.0円/ml 原液でのコスパ
 ※別途送料 イリヤ アミノエナジー グルタジンS @楽天
 ※フォルム&ケア、スタイル&ケアはスタイリング剤で別商品
 ※グルタジンSコンクは廃盤

使用感想:★★★★★ 5/5

ヘアケアだけじゃなくスキンケアにも使えるという事で以前からとても気になっていた商品。原液を肌の美容液として使うことも可能ですが、基本的には用途に応じて希釈して使うものです。

成分を見てみると、水の次にペリセア(表示名:ジラウロイルグルタミン酸リシンNa)がきているのです。

注目主成分のペリセア(ジラウロイルグルタミン酸リシンNa)は、スキンケアでは 「荒れ肌に浸透し健康な状態に回復」させる機能、ヘアケアでは 「傷んだ毛髪に極めて短時間で浸透しダメージを修復」させる機能がある成分です。--- メーカーサイト より

グルタジンSにおけるペリセアの正確な濃度はよくわかりませんが、メーカーの使用説明を読んでみても『用途に応じて希釈してから使用』とあるので、濃度不足で効果が実感できなかった…なんて事は無さそう。

楽天最安値(2013/03現在)3,000円で送料無料が気に入って、私は シャドール で購入。ポイント10倍を狙うとさらにお買い得なのでオススメです。

さて商品が手元に届いて、美容液がわりに原液をスキンケアに使っている人もいるんだし、ペリセアってどんなものかなぁ~と、50mlのボトルを開けてまず初めに手の甲へポタリと1滴。※肌な敏感な人は原液だとヒリヒリする場合があるみたいなので精製水で希釈するか、化粧水や乳液などに混ぜて使うほうがよさそうです。

すごい!すごいよ~コレッ!

さらっと水のような透明の液体なのですが、すっと馴染んで肌がしっとり。おぉ!?と量をもうちょっと足して手全体に馴染ませたら、さっきまで艶もなくカサついていたアラフォーの手が若返ったようだよ!肌には即効果を実感できます。

化粧水にグルタジンSを足して最後にいつも通りのオイルという使い方が基本ですが、原液を美容液として使ってみてもOK。私の肌にはあっているようで、化粧のノリがいいし、小鼻の横の頬の毛穴が小さくなってるよね?!という錯覚さえ…(いや。これはきっと錯覚じゃなくてグルタジンS:ペリセアの効果だと思う)

1,000mlで3,000円しないという、驚くほどコストパフォーマンスの良い美容液です!私の好きなセラミド(擬似セラミド)も入っているし、検討していたセラミド美容液の購入は必要ないかも。

で、当初の目的のヘアケアでの効果は?

まずはリンスや残り少なくなったアウトバストリートメント(アリミノ シェルパ コンディショニングミスト)にも適当に入れてみましたが、髪のまとまりの良さがワンランクよくなりました。艶感も少しUPしたかな?手持ちのアイテムに混ぜるとその効果がUPします。

ただし、単品利用(とりあえず水道水で希釈しちゃった)では私の求めていた「しっとり感・サラサラ感」は物足りない。まぁペリセアだって万能じゃないから仕方ないですね。しっとり不足には手持ちのマカダミアナッツオイルを数滴足していますが、サラサラ不足には何か他のコーティング成分(シリコンも含む)が必要かな?

ブローローションとしては、以下の希釈が目安とされています。
■硬毛の方(しっとりとした仕上がりをお求めの方):5~6倍に希釈
■普通毛の方:(軽い仕上がりをお求めの方):8~10倍に希釈
※希釈後の溶液は当日中に使い切ってください。

希釈がめんどくさい方にはこちら。ペリセア入りアウトバストリートメント類です。

ルシンプ エンリッチ GL ※グルタジンSに似ている
コンブリアンス スーパーローション
レオローロマリス ブラッククリスタル ニュートラルケアミスト

手作りコスメの成分として極力いろいろ混ざっていないほうがイイという方にはこちら。【成分: 水、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、BG】 ※メーカー原液のペリセアLB-10(10%)と同等=『詰め替え』なのか、これの希釈なのか、正確なペリセアの濃度は不明。一部販売サイトでは10%(つまり原液同等)と出てたりするけど…?

エルコス ペリセール 

<総評>

ヘアケアはトリートメント類(インバス・アウトバス)に混ぜて使うのが良さそうですが、スキンケアの面でのグルタジンSの使い道、いろいろありそうなのでこれから自分で実験してみます。(メーカーの ペリセアの用途 を読んでいると、ペリセアの濃度の違いはあるけど成分としての性質は同じなので応用はできそう。あ、でもあんまり専門的な難しいことはわかんないから適当なんだけどね…) 手作りコスメの領域?ですが、良さそうなのができたらまたメモがてらUPします。

それともう1つ、メドウアクト トリートメントローション という商品を購入したのですが、まだ使っていないのでこちらのレビューはまたいずれ。

--- 参考リンク

ペリセア 旭化成ケミカルズ株式会社
 ├ メーカー原料:ペリセアL-30(30%)推奨配合量:0.3%
 └ メーカー原料:ペリセアLB-10(10%)推奨配合量:1.0%
 
メドウラクトン VE 一丸ファルコス株式会社

--- 成分メモ

■キトサン:帯電防止、ハリコシ・艶感の向上(皮膜形成)
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックurlはこちら
http://relaxjapan.blog2.fc2.com/tb.php/651-6dcb8892

なお、本エントリーとあまり関係の無い内容と思われるトラックバックは管理人の判断にて予告なく削除させていただく場合があります

@Flickr

www.flickr.com
kika@flickr's items Go to kika@flickr's photostream

PR

みんぽす

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。