スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

夏休みのドリル 2年生国語

算数と同じく、基礎はOKでも応用がイマイチな息子。漢字の読み書きは良いとしても、読解問題が苦手なようだったので、2年生の5月ごろから ハイレベ100小学1年読解力 (1日見開き2P) をやらせていました。

やり始めて約2ヶ月。そろそろこの問題集が終わるのですが、随分できるようになってきています。(まぁ1学年下の教材ですけどね) 最初は見るだけでゲンナリしていた最レベ問題(問題本文が1P分のため、他と比べると長文)にも自分からやってみる!とチャレンジできるようになったものの、気になる点がいくつか。

■ちゃんと問題読んでる?
例:あっているもの2つに○をつけなさい。なのに○が1つだけ。
時々やっちゃうミス。でもこれは致命的。

■見直ししてる?
早く終わらせたくて見直ししていないのか、しっかり見直ししたつもりだけど間違えたのか。

■感覚で解いちゃってる?
問題の難易度に関わらず、できたり・できなかったり、安定しない。

小学2年生に完璧を求めるわけではないけれど、ケアレスミスは少なくして欲しいのですよね…。勉強方法を見なおしたほうが良いのか、問題数をこなせばなんとかなるのか?

---

国語(特に読解)勉強法も含めて色々悩んでいるのですが、とりあえず夏休みにやってみようと思っている国語のドリルは以下のとおり。ちなみに算数はこんなの買いました → 夏休みのドリル 2年生算数


読解については、感覚で解くのではなく 『確かな考えの筋道を意識させる』 という事が息子には必要だと感じたので購入。各学年でも 基礎編・習熟編・応用編とあり、どれを購入しようか迷いましたが、内容を見て『習熟編』を購入してみました。(テストで間違えが多かった内容)

・接続語と指示語の練習
 つなぎことば・こそあどことば
・一文を要約する練習
 文の大切な部分・主語と述語がいくつもある文・文をまとめよう・文と文との論理的関係の練習
 だから・でも・しかし・なぜなら・たとえば・文と文をつなごう・具体と抽象の練習
 言葉を分けよう・言葉をまとめよう・どこに置いてある?・仲間の言葉
・主張と具体例・体験の練習
 話題・話題と意見・意見を説明する・意見とその理由

<出口汪の日本語論理トレーニング 小学二年 習熟編>


同じような内容が1年生の応用編でも出てくるのですが、1年生用は文字もちょっと大きくて見づらく感じてしまったのと、これくらいは息子も理解しているかな。と思えたので2年生用を買いました。※出版サイトで『試し読み』ができます。

レベルは前後しますが、基礎編にも息子の嫌いな「作文」の初歩練習が含まれているので、問題集の進み具合で購入を検討するつもり。

---

漢字については、教科書のちょっと先を私が漢字練習ノートを作っています。(国語の教科書は光村) 漢字も、色々良さそうな問題集が出ていますが、今のところ未使用。教科書準拠のワーク、自作練習ノートとテスト、ネットからの漢字テストの印刷、アプリなどを併用して学習しています。

学校で光村のあかねこ漢字スキルをお使いでしたら、夏休みの復習にこちらもおすすめ
『あかねこ漢字スキル 光村図書版』テストページダウンロード
※巻末のパスワードが必要です

低学年のうちはこんな方法でも良いかなと思っています。

ただ、早く終わらせたい!という気持ちが強いようで、字が雑なのが難点。 トメ・ハネ・ハライ・書き順、しっかり覚えるためにも丁寧に書いて欲しいのですけどね。ゆっくり書けば綺麗に書けるのになぁ。

字が汚い
 → ハイ、書き直し~ → 消されたくないので綺麗に書く

字が綺麗
 → はなまるあげよう! → うれしいから綺麗に書く

…なんて上手くいきません。何度注意しても、日が変わればまた雑になります。花丸もその時は喜びますが、次回も花丸欲しさに綺麗に書こう!とは思ってくれません。

息子にとって、漢字練習が『ノートを字で埋める単調な作業』にならないように、試行錯誤しています。

---

あとは、本をあまり読まないので、気になるのが語彙力不足。

普段の生活の中で「@@って何?」と聞いてくるので、辞書を買って一緒にわからない言葉を調べたりしていますが、語彙力として身についているかはよくわかりません。


こんなの気になっていますが、現段階でドリルとしてやるのは拒否されそう。

となると、トイレにポスター作戦か、1日1語の日めくりカレンダー作戦…。毎日なんとなくでも読んでくれればと淡い期待を抱いていますが、はたしてどうなるか?!

--- 参考リンク

小学生のケアレスミス対策
子どものケアレスミスをなくすたった3つのステップ
ケアレスミスが多い子の成績を上げる方法
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックurlはこちら
http://relaxjapan.blog2.fc2.com/tb.php/704-0b817010

なお、本エントリーとあまり関係の無い内容と思われるトラックバックは管理人の判断にて予告なく削除させていただく場合があります

@Flickr

www.flickr.com
kika@flickr's items Go to kika@flickr's photostream

PR

みんぽす

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。