スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

温水暖房便座が調子悪い

我家の温水暖房便座がある日突然おかしくなってしまいました。

症状としては、おしり洗浄時ではなく最後の「ノズル洗浄時」に水がピューっと出てしまうのです。本来ならチョロチョロのはずなんですけど、ピューと出てきてしまうのでうまくガードしないと床が濡れてしまいます。(本体横のノズル洗浄ボタンを手動で押す時は正常:チョロチョロ) まぁ使い始めて10年以上なのでそろそろ壊れても文句は言えませんが…。

■我家のトイレ(マイホーム図面より)
メーカー:コーラー社(Kohler)
品名:コーチャーⅡ
品番:K-4720 + K-5721 + K-4836(暖房便座)
※手洗いなしのタンク付きトイレ

モノクロトイレ

添付写真はなんとなくモノクロで。

ちなみに、メンテナンス先として温水暖房便座本体に記載のあった「フジクリーン工業」は2009年にコーラー社製品の日本代理店としての事業から撤退していました。東急ホームズには確認を入れてませんが、他代理店で仮に修理できるとしても部品代・出張修理費用でお金が結構かかりそうな…。

コンセントを抜いたり、掃除してみたり、できそうな事はいくつかやってみましたが、やっぱり最後のノズル洗浄時にお湯がピューと出てきちゃうんですよね。ジャージャー出てきてしまうのではなくて、ピューって1秒ぐらい。ちょっとだけなんだけど。

まぁ見た目の劣化もあるし、ここは買い替えですかね。

という事でいろいろ調べたのですが、輸入便器だと場合によっては市販品の取り付け不可。もしくは、できなくはないけど多少のガタツキや出っ張りなど不具合が出る可能性もあり。ということもあるようですので事前確認が必要です。(便座固定ボルトのピッチなど)

我家の場合(2005年末入居)だと、今設置されている温水暖房便座自体(品番:K-4836)がどうやらパナソニックがOEMで出していた(脱臭カートリッジ【CH79043】にクリーンシャワレの記載あり。)ようなので、市販品を取り付けできそうです。

<購入前のチェックポイント>
TOTO ウォシュレット®ご購入前のチェックポイント
LIXIL シャワートイレ 取り付けチェック ※旧:INAX
パナソニック ビューティ・トワレ 取り付け施工手順


<メモ>

K4720+K5721:コーチャー 図面
 ※輸入住宅機器販売会社のサイトより

■コーチャーは旧代理店が日本仕様で作った商品との記載。
 ※ネット上でいくつか記載確認

■米:Kohler社での品番検索はヒットなし。
 ※上記のため?

■K-4836について、OEMとしてパナソニックが出していたという記載をネット上では確認できず。

■過去、コーラー社のシャワートイレ(温水暖房便座)をINAXが出していた【品番:K-4836-RS2?】という情報がヒット。

とりあえず、交換に関しての情報まとめはここまで。これからどの製品にしようか検討して、後日別途追記という形で記事にできればと考えています。

ここまで調べておいて言うのもアレだけど、購入までになんとか直らないかな~

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックurlはこちら
http://relaxjapan.blog2.fc2.com/tb.php/740-f9c9dcb1

なお、本エントリーとあまり関係の無い内容と思われるトラックバックは管理人の判断にて予告なく削除させていただく場合があります

@Flickr

www.flickr.com
kika@flickr's items Go to kika@flickr's photostream

PR

みんぽす

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。